CASE5
M化学様の課題解決成功事例

当初の課題

M化学様の焼却設備にて365日稼働が前提となっていましたが、ゴミ投入のためのクレーンが故障し投入作業がストップしてしまい、ゴミ運搬車が渋滞を起こすなど大トラブルとなりました。
常稼働クレーンの故障については、早期の復旧が課題であり、納入設備会社の対応遅延も問題でした。


提案内容

1:緊急対応

→故障詳細の把握
→部品の特急手配(地元メーカーのネットワークを駆使し、代替部品による臨時対応を提案)
→整備作業手配
→24時間以内の作業完了

まずは、現状問題点の詳細な把握により、損害を最小限に抑えるよう対応します。

2:正規品補修の提案

メンテナンスの完成度を高める

3:予防保全の導入を提案

機器や設備の停止を最小限に抑え、事故、故障の防止するために、予防保全の導入を提案いたしました。

導入効果

早期の復旧により、損失を最小限に抑えられます。
予防保全の導入により故障の可能性を低減させ、事前作業も計画的に実行できるため、機器や設備の停止をメンテナンス時のみに抑えることができますし、事故、故障の防止につながります。