CASE10
水処理事例

解決事例

当初の課題

工場内で1日800トンの水道を使用しており、再利用も検討していましたが、方法がみつからず排水として処理をしていました。どうにかこの排水を再利用したいとの相談でした。

提案内容

排水処理フローの見直しにより RO膜(逆浸透膜濾過)システムを導入することで再利用を実現

廃水処理方法といえば、物理化学的処理法と生物処理法ですが、排水に含まれる物質や設備改造などを検討したうえで、RO膜(逆浸透膜濾過)システムを提案させていただきました。

導入効果

逆浸透現象を水処理に応用した逆浸透膜がRO膜(逆浸透膜)です。
中近東や中国を含む東南アジア、オーストラリア、欧米などでは、海水を真水にするのに利用されています。また、超純水製造システムなどにも活用されています。

排水の70%が回収可能となり、水道使用料金も大幅に削減できました。
導入費用はかかりましたが、約4年で償却できるそうです。