CASE34
ベアリング異常の早期発見によるトラブル回避

解決事例

当初の課題

お客様のメイン設備には約50台以上のポンプが使用されているが台数が多く、日常点検が手つかずの状況でした。
しかしながら重要な設備であるためポンプが停止することでトラブルになることもあり、特にベアリング摩耗による故障の発生を懸念されておりました。

提案内容

回転機専用センサーによる点検作業の簡易化

メイン設備に使用されているポンプに回転機専用のセンサーをご提案。
このセンサーでは、環境温度・振動周波数を測定。
振動周波数が10000Hzまで測定できるため、人間が感じ取れる異音の発生より前段階でのベアリングの異常を早期で発見し、監視することで計画的な整備を実施。
お客様のトラブルが減少しました。

人間が感じ取れない微細な変化にいち早く対応!

アプリを稼働してセンサーに近づくだけでデータを取得!

導入効果

突発トラブル現象・計画的な保全を行うことで安定した生産を実現!