CASE28
クレーン操作を無線化しハンドリング性能アップ

解決事例

当初の課題

クレーン操作のために作業者が追従して歩く必要があるが、工場には設備ラインや予備資材があり作業者が転倒したり体をぶつけるといったヒヤリハットが発生していた。

提案内容

操作ケーブルに振り回されずにヒヤリハットを撲滅

クレーンの操作機を無線化し、作業者がケーブルを気にせず操作できるようハンドリング性の向上を提案。
クレーン操作に集中できるのでヒヤリハットを撲滅し作業の効率化も図れます。

無線の操作距離は無障害で100m程度届きます。(一般的に50m程度)

導入効果

当初課題のヒヤリハットを解消し操作性工場により作業効率が向上した。