教育制度
社員一人ひとりが前嶋のブランドを作り、支えています。

前嶋では、社員一人ひとりが、資質、能力やスキルを最大限に発揮し、社員とともに成長していく企業を目指しています。社員は人財であり、長期的な資産であるという考えに基づき、人材育成のための様々な教育カリキュラムやキャリアステージを用意し、そのプロセスを通じて社員一人ひとりが確実に成長できるようにバックアップしています。「前嶋の社員は、仕事もできるが、人間的にも素晴らしい人ばかり…」と、そんな声をお客様からいただけるような人材を育てたいと考えています。
新入社員教育
入社前教育
専門的な知識を身につけることよりも、企業人になるための意識、仕事の意義などを理解し、社会人としての最低限のルールやビジネスマナーの習得に主眼を置いた3ヶ月間の通信教育を実施しています。
入社時研修
入社後すぐに外部での新入社員セミナーに参加します。このセミナーを通じて社会人・職業人としての心構えをはじめ、職場のルール、仕事の取り組み方、電話応対、来客応対などを実践的に学びます。
指導ノート
入社時研修が終わると先輩社員との同行営業によるOJTがスタート。様々な場面で先輩社員の行動を自分の目で見ながら営業の基本を体得していきます。その中で重点研修事項を先輩社員との話し合いの中で決め、指導ノートに記入。その結果に基づきながら一週間単位で先輩社員と話し合いをします。指導ノートを3ヶ月間繰り返すことで当社の社員としての基本を学ぶことができます。
商品知識基礎研修
当社は多くのメーカーとの取引があり、商品構成も多岐にわたります。お客様との商談を円滑にするためには、商品への理解度が大切だと考えています。このため当社では、カテゴリー別に詳しい社員が商品知識基礎研修を行っています。

社員教育
階層別教育
事業年度が始まる前に翌年度の教育計画を策定します。それに基づきながらキャリアやスキルに応じて管理者研修、コミュニケーション上達研修、ビジネスマナー研修、評価者研修等を出勤の土曜日を使って効率的、効果的に行っています。
勉強会
産業機械の分野は日進月歩のスピードで、次々に新製品が生まれています。当社では、新製品の情報をできるだけ迅速に入手して営業活動に反映させるために、週に一度、社員が講師になって勉強会を開催しています。また、仕入先メーカーによる定期的な製品説明会の実施、社員の経験年数に応じた仕入先メーカーへの出張研修も行なっています。

目標管理制度
会社の維持・発展と個人の能力発揮による自己成長と同時に達成できる仕組みとして目標管理制度(目標による管理)を導入しています。当社では事業年度開始前に社長から経営計画書が全社員に配付され普及会を通じて理解徹底されます。その経営計画書を基に部方針→グループ方針→個人目標(全社員)とブレイクダウンしていきます。社長の考えている方向と社員の行動が一致することにより、全社員の目標が達成されれば会社の目標も達成されます。そして毎期目標管理を繰り返すことによって会社と社員の成長を促進するシステムになっています。

チャレンジ制の登用制度
監督職・管理職への昇格、昇進においてできるだけ公平、公正を期すためにチャレンジ制の登用試験を導入しています。年齢に関係なく一定の条件を満たし且つ本人の登用試験へのチャレンジ意欲がある社員を対象にしています。約半年をかけて日頃の業務に直接関係する内容を登用試験で行うので、本人の意識改革や能力開発にも役立ちます。

コース別資格等級制度
経営環境の著しい変化の中、企業間競争に勝ち残るためには、やはり一人ひとりの社員が適性に応じた能力を最大限に発揮しなければなりません。そのためには成果(プロセスと結果)をできるだけ正しく反映される納得のいく人事処遇制度が必要です。当社では、それを実現するためにチャレンジ制の登用試験にパスした社員を対象にコース別資格等級制度を構築し、本人の適性、能力、希望を総合的に考慮し、マネジメントコース、 スペシャリストコース、エキスパートコースを選択できるように未来へのステージを用意しています。

トップへ戻る